自動車 雑学

自動車のためになる雑学あれこれ

自動車 雑学

一昔前、車のスピードが時速100km以上になると「キンコンカンコン・・・」という警告音がなっていたのを知っていますか?

 

昭和時代の車には法令によってこの警告音をつけることが決められていました
今の30代半ば以上の方なら、聞いたことがあるかもしれませんね。

 

今では、その法令もなくなり、警告音をつけた国産車は作られておりません。
もし、あの音を聞いたら、懐かしくてしょうがなくなりそうです。

 

他にも、お相撲さんは自動車の運転ができないことを知っていますか?

 

実は、1985年5月に水戸泉という当時幕内だった力士が自動車で人身事故を起こしたことから、相撲協会が独自に規制したそうです。

 

現在では、力士の交通手段は幕下以下は公共交通手段、十両以上はタクシー、幕内以上は運転手付きの車になっています。

 

そのほかにも、自転車で気楽に移動する力士も多いようですね。

 

私達の生活にとって車はとても身近なものであり、人によっては欠かせないものであります。
ですが、知らないことはたくさんあり、聞いてみて面白い雑学も多くあります。

 

ここではそんな自動車に関する楽しくてためになる雑学を紹介しています。
気楽な感じで読んでいってくださいね♪

 

きっと自動車を高く売るためにも役に立つ雑学だと思いますよ。


自動車の雑学あれこれ記事一覧

スマートアシストとは、ダイハツが開発したプリクラッシュセーフティシステムのことで、レーザーを駆使することで、車両前方を監...

車両ローンとは、「自動車ローン」「カーローン」「オートローン」などと呼ばれていて、車を購入するときに分割して払っていくも...

夫はいつも車検をディーラーさんに持って行って行っていますが、調べてみるといろいろオートバックスとか一般の自動車整備工場な...